ソニーα7Ⅳは買うべき? | 新機能や価格を分かりやすく紹介します

こんにちはフォトグラファーのらっかすです。

 
ぎもんわん
ソニーからフルサイズミラーレスカメラのα7Ⅳが発表されたけど買うべき?

そんな疑問を解決します。

今回はソニーのフルサイズミラーレスカメラの新製品α7Ⅳを紹介します。

フルサイズミラーレスカメラに興味がある人は参考にしてください。

 
らっかす
αシリーズ待望の新機種ですね!

α7Ⅳの機能

α7Ⅳはソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラの新世代ベーシックモデルです。

2021年12月17日 (火) 10時より予約販売受付開始となります。

参照:ソニー公式サイト

今回は気になるポイントに絞って紹介します。

 
らっかす
待望の新製品なので発売が楽しみです!

有効画素数

α7Ⅳイメージセンサ
参照:ソニー公式サイト

α7Ⅳの有効画素数は3,300万画素です。

α7Ⅲは2,420万画素であったため880万画素も上がっています。

有効画素数は順当に進化してますね。

・大判印刷が可能な高画素
・クロップがしやすい
・データ容量が大きい

SDカードの容量を大きくすればデータ容量の大きさは問題ないかと思います。

 
らっかす
コメ写真を撮る上で有効画素数が増えるのはクロップしやすくなり嬉しいです!

バリアングル液晶

バリアングル液晶
参照:ソニー公式サイト

α7Ⅳは「バリアングル液晶」になっています。

α7Ⅲは「チルト式」です。

動画撮影にも使いやすいバリアングル液晶は非常に嬉しい変更です。

 
undefined
youtube撮影など今の時代には必須の機能です!

鳥瞳AF

鳥の瞳にAFを合わせてくれる機能が追加されました。

野鳥撮影する人には嬉しい機能です。

 
らっかす
ピントを合わせるのが難しい鳥の撮影が楽しくなります!

4K60pに対応

α7Ⅳ
参照:ソニー公式サイト

動画機能も進化して4K60p記録ができるようになりました。

ただし、Super 35mm相当になってしまうので注意が必要です。

 
らっかす
動画撮影する方には嬉しい機能ですね!

α7Ⅳのポイントをまとめると以下の感じです。

機能α7Ⅳ
有効画素数3,300万画素
液晶バリアングル液晶
AF鳥瞳AF追加
動画4K60pに対応


α7Ⅳの価格

お金

価格はボディ本体で「330,000円」前後です。※市場推定価格

奥さんに相談が必要な値段ですね。笑

価格的には値段が下がっているα7Ⅲに軍配が上がります。

α7Ⅳ新機能

暗闇のレンズ

ここからは動画撮影で使える2つの新機能を紹介します。

フォーカスブリージング

ピントをフォーカスリングで合わせる際に画角が変わってしまう現象の発生を抑制してくれる機能です。

動画撮影でピントを変化させる表現を使う際に必要となる機能です。

フォーカスマップ

映像の被写界深度を可視化する機能です。

視覚的に被写界深度が見えることで映像表現の正確性が上がります。

まとめ | α7Ⅳは買うべき?

写真を撮る女の人

α7Ⅳは有効画素数やバリアングル液晶などかゆいところに手が届くようになり、順当に進化した後継機だと思います。

・α7Ⅲから順当に進化した後継機でかゆいところに手が届く新機能満載
・4K60p対応と動画機能もパワーアップ ※ただしSuper 35mm相当になります

本格的なフルサイズミラーレスでこれから写真を撮りたい人におすすめの製品です。

 
らっかす
フルサイズカメラデビューに最適の一品です!