【Godox TT600】初心者におすすめのストロボを分かりやすくレビュー

TT600アイキャッチ

こんにちはフォトグラファーのらっかすです。

ぎもんわん

GODOX TT600が初心者におすすめみたいだけど、どんなところがいいの?

そんな疑問を解決します。

今回はGODOX TT600の「おすすめポイント」「注意ポイント」を初心者にも分かりやすくレビューします。

らっかす

私の初めてのストロボはTT600なので使い倒しているストロボです!

目次

GODOX TT600のおすすめポイント

おすすめポイント

GODOX TT600のおすすめポイントを下記3点紹介します。

〇ハイエンドモデル並みの光量

〇コストパフォーマンスが高い

〇ワイヤレス機能に対応

それでは順番に紹介していきます。

ハイエンドモデル並みの光量

TT600の発光量は「ガイドナンバー60」です。

ガイドナンバーとはストロボで利用できる最大光量の目安となる数値です。

ガイドナンバーの数値が大きいほど光量が大きくなります。

らっかす

基本的な撮影はガイドナンバー60で大丈夫です!

コストパフォーマンスが高い

TT600と同程度の性能のストロボは3~5万円程度の製品が多いです。

TT600は1万円を切っていてかなり安価です。

安価にも関わらず性能は十分実用レベルです。

らっかす

ストロボ1つ目に最適です!

ワイヤレス機能に対応

TT600はワイヤレス機能に対応しています。

ワイヤレスで好きな角度からストロボを発光できるので、

ライティングの幅が広がります。

らっかす

料理写真のクオリティが上がりました!


ワイヤレス機能に関してはこちらで紹介しています。

GODOX TT600の注意ポイント

注意ポイント

GODOX TT600はコストパフォーマンスが高くおすすめのストロボですが、

1点注意ポイントがあります。

〇TTL自動調光が使えない

分かりやすく解説します。

TTL自動調光が使えない

TTL自動調光とは

ストロボの光量が自動で調節され発光される機能

TTLオートストロボとも呼ばれます。

細かい設定が不要となるので簡単にストロボ撮影ができます。

TT600ではTTL機能は使えません。

しかし、マニュアルで簡単に調節できますので、

不便には感じないです。

らっかす

光量を調節することでライティングの勉強になります!

GODOX TT600の作例

おせち

TT600を使った作例がこちらです。

ワイヤレス機能を利用して逆光で撮影しています。

おせち全体に光があたり食材に立体感がある写真になっています。

今までは自然光で撮影していたのですが、

光が均等に当たらなかったりとライティングに苦労していました。

TT600を使い始めてからは光をコントロールできるようになっています。

らっかす

ライティングが楽しくなっています!

まとめ

まとめ

今回はストロボのGODOX TT600を紹介しました。

おすすめポイント
〇 ハイエンドモデル並みの光量
〇 コストパフォーマンスが高い
〇 ワイヤレス機能に対応

注意ポイント
〇 TTL自動調光が使えない

GODOX TT600はTTL自動調光機能はありませんが、

光量が高くワイヤレス機能に対応し1万円を切る非常にコストパフォーマンスの高いストロボです。

らっかす

物撮りの写真撮影のクオリティがかなり上がったので買ってよかったと満足しています!


目次