【2022年最新】Luminar NEOを徹底レビュー!忖度なしで紹介します

Luminar NEOの実使用レビュー
ぎもんわん

Luminar NEOって実際どうなの?

今回はLuminar NEOを実際に使用したレビューを忖度なしで紹介します。

本記事がおすすめな人

・Luminar NEOに興味がある人
・Luminar NEOの評価が知りたい人
・Luminar NEOのお得な購入方法を知りたい人

はじめまして、らっかすと申します。

私はサラリーマンをしながら週末は風景や料理の写真を撮っています。

今回は新発売されたLuminar NEOの新機能や基本的な編集機能を実際に使用した感想を紹介します。
Luminar NEOは自動でほこりや電線を消去できるなどのAI機能が先進的で体感してみたかったので購入しています。

結論としてLuminar NEOは写真の明るさや色を調整する基本的な機能が充実して不便なく利用できます。

ラムネ(現像前) ラムネ(現像後)

色や明るさを調整してクオリティが仕上がった写真にすることでSNSでのいいねも増えてモチベーションアップにも繋がります。

加えて電線やほこりを自動で消したり、空を置き換えたりできるAI機能が非常に便利で初心者にもおすすめの現像ソフトです。

そして1万円ほどで永久ライセンスを購入できるので現像ソフトとしてのコストパフォーマンスはとても高く初めての現像ソフトとしてもおすすめです。

 1,000円OFFコード:photomap

Luminar NEOの良い点も悪い点も忖度なく紹介しているので気になる方の参考になれば幸いです。

らっかす

Luminar NEOは便利な機能が多く注目の現像ソフトです!

目次

Luminar NEOとは

考える人

Luminar NEOは2022年2月17日に発売した写真現像ソフトです。
AIを利用したツールで自動で電線やほこりを消すことができます。

その他にも革新的なツールが搭載されている先進的な現像ソフトです。

今回はLuminar NEOに興味を持った際に気になる下記の点を紹介します。

  1. Luminar NEOの新機能
  2. Luminar NEOとLuminar AIとLuminar 4の違い

それでは早速紹介していきます。

Luminar NEOの新機能

具体的には以下の機能が新機能として搭載されています。

  • ポートレート背景除去
  • ホコリ除去
  • 電線除去
  • ポートレートボケ
  • レイヤー(複数の写真を重ねられる機能)

新機能以外にはLuminar AIの機能はほぼ引き継がれており
Luminar NEOのみで作業を完結させることができます。

らっかす

AI機能はクリックするだけで自動修正してくれるので本当に便利です!

Luminar NEOとLuminar AIとLuminar 4の違い

Luminarシリーズは2019年にLuminar 4、2020年にLuminar AI、2022年にLuminar NEOが発売され機能が進化しています。

具体的には下記の表の違いがあります。

製品Luminar NEOLuminar AILuminar 4
レイヤー(写真を重ねる)
ローカルマスキングツール
(複数領域を独立して調整)
ポートレート背景除去
センサー・ダスト除去
電線除去
リライト
(仮想フラッシュ)
空の置き換え
ボディ補正
フェイス補正
編集ツールの数363232
AIツールの数13104
Luminar NEO AI 4の違い

Luminar NEOは過去のシリーズの機能を受け継いでグレードアップされています。

AI機能も増えておりとても便利になっているので、どのシリーズを買えばいいのか迷った時はLuminar NEOを選択しておけば間違いありません。

らっかす

Luminar 4、AIと経てLuminar NEOの完成度はかなり高くなっています!

Luminar NEOとAdobe Lightroomの比較

比較

現像ソフトを探す際に候補としてAdobe Lightroomも上がると思います。

Luminar NEOとAdobe Lightroomの違いは下記の表の通りとなります。

製品Luminar NEOAdobe Lightroom
操作性シンプルシンプル
機能かなり充実充実
解説少ない多い
購入方法買い切り(永久ライセンス)月額制(サブスク型)
価格11,800円1,078円/月
Luminar NEOとLightroomの比較

Luminar NEOとLightroomの大きな違いは解説の多さです。Luminar NEOは発売されたばかりなこともあり機能に関する解説は少ないです。

Lightroomは多くの人が使っていることもあり解説も豊富なので分からないことは調べれば解説が見つかりやすいです。

ただし、Lightroomは月額制で毎月1,000円程度の費用が発生します。
Luminar NEOは買い切り型の永久ライセンスなので1度購入すれば、それ以降の費用は発生しません。

製品Luminar NEOAdobe Lightroom累積差額
1年目11,800円12,936円-1,136円
2年目0円12,936円-14,072円
3年目0円12,936円-27,008円
4年目0円12,936円-39,944円
5年目0円12,936円-52,880円
Luminar NEOとLightroomの費用の比較

Luminar NEOとLightroomでは5年間で52,880円も差が出てしまいます。

写真の明るさや色を調整する程度であればLuminar NEOで十分できますので、まずはLuminar NEOを使ってみることがおすすめです。

らっかす

コスト重視のあなたはLuminar NEOがおすすめです!

Luminar NEOのメリット・デメリット

AとBの比較
Luminar NEOのメリット

・クリエイティブな編集ができSNSのいいね数アップにつながる
・買い切り型のライセンスで購入できるため長期的なコストパフォーマンスが高い

Luminar NEOはレイヤー機能があり画像を重ねることもできLuminar AIよりクリエイティブな編集ができます。

宮殿と夜空 宮殿と夜空とお城

こちらの写真は右上の月をレイヤー機能を使って夜空に合成しました。

Luminar NEO写真の明るさや色調整だけで留まらずクリエイティブに編集ができて非常に楽しいです。

ライセンスは買い切りの永久ライセンスがあるため長期的にお得に利用ができるのが嬉しいです。

らっかす

クリエイティブな編集ができるのはLuminar NEOの魅力です!

Luminar NEOのデメリット

・文字の挿入ができない

Luminar NEOでは文字の挿入ができません。

アイキャッチの作成などで文字を入れたい際は別のツールで文字は入れる必要があります。

文字を画像として取り込めば写真の上に重ねることはできるので、文字は別で作成しておけば問題はありません。

らっかす

アップデートで文字も挿入できるようになることに期待です!

Luminar NEOの評判

緑

Luminar NEOの良い評判と悪い評判をそれぞれ紹介します。

Luminar NEOの良い評判

新機能の電線除去はワンクリックで簡単に除去してくれ評判も良いです。

私も実際に試してみましたが綺麗に電線を消してくれ、かなり便利な機能です。

電線無しリサイズ 電線有リサイズ

電線除去機能の詳細はこちらで詳しく解説しています

Luminar NEOは電線除去以外にもマスクAIで空や人間など特定のオブジェクトを自動で認識して現像できる便利な機能も実装されました。

バージョンアップで便利なAI機能がどんどん実装されていくのは楽しみです!

マスクAI機能の詳細はこちらで詳しく解説しています

らっかす

AI機能の便利さを皆さんに体感してほしいです!

Luminar NEOの悪い評判

Luminar NEOの動作が重いと感じている人もいるようです。

現像は明るさを調整したり色味を調整したりと高負荷の処理となります。

PCのスペックによって処理が遅くなることもあります。

PCに必要なスペックを把握して快適に現像を楽しみましょう。

Luminar NEOに必要なPCスペック

将来的にLuminar NEOのアップデートでソフトを最適化しより処理を軽くしてほしいですね。

らっかす

現像ソフトを使う際はPCのスペックも重要になります!

Luminar NEOの評価は?

星

Luminar NEOでは写真の色や明るさの調整の他に複数の画像を重ねることが1つのソフトで実現可能で利用者の評価は高いです。

Luminar NEOの操作画面

操作画面はシンプルでツールから調整したい機能を選択し値を変更するだけです。
直観的な操作で写真の明かるさや色を変更できるので初心者でも安心してLuminar NEOを利用できます。

また1万円以下で永久ライセンスを購入できるのも良い評価のポイントになっています。

らっかす

機能は十分で買いやすい値段なので全体的に高評価です!

Luminar NEOの実使用レビュー

ぼけ

Luminar NEOを実際に使った感想は以下の通りです。

感想

・現像ソフトとしての基本的な機能は十分
・電線やほこりがワンクリックで消せるAI機能が便利
・メモリ16GBのノートPCで少し動作が重く感じる時がある

Luminar NEOはLuminar AIの機能を引き継いでおり色調補正や光量調整が可能です。

加えて電線やほこりをAI機能で簡単に消せるので時短になり非常に便利です。

ただ、私のPCでは時折少し動作が重く感じる時があります。

メモリ85%使用

メモリ使用率を確認するとLuminar NEOを動かしているときはメモリを80~90%程度使用しています。

私のPCのメモリは16GBですが大半がLuminar NEOの動作に使用されてしまいます。

メモリ16GBであれば動作環境を満たしていますが少し処理が重たく感じることもあるので余裕を持ってメモリは32GB以上あったほうが安心です。

また、現像時はPCの処理が重くなり熱が高くなるので私は対策として冷却パッドを取り付けています。

全体の機能としては写真の光や色の調整は十分でき、AI機能やレイヤーを使ってクリエイティブな編集もLuminar NEOのみで可能と、とても満足度の高い現像ソフトです。

結論!Luminar NEOはこんな人におすすめ!

気づく女性

Luminar NEOがおすすめな人はこちらです。

おすすめな人

・こだわって編集したい人
・AI機能に興味がある人
・買い切り型で購入したい人

Luminar NEOはレイヤー機能など細かい編集が可能でありクリエイティブにこだわって編集できます。

電線やほこりの除去など他の現像ソフトには無いAI機能が搭載されており最新の機能に興味がある人にもおすすめです。

人物消去前 人物消去後

人物の消去も消去したい範囲を選択するだけで簡単にできます。

消去後の背景も自動で自然な仕上がりにしてくれます。

購入は買い切り型とサブスク型で選択できます。

長く使うなら買い切り型で買う方がお得なので買い切り型を選択できるのは嬉しいです。

Luminar NEOの買い切り型とサブスク型の比較

Luminar NEO購入画面2

Luminar NEOは買い切り型とサブスク型があります。

買い切り型とサブスク型の違いをまとめると以下の表の通りとなります。

スクロールできます
買い切り(生涯)サブスク(Pro年間)サブスク(Pro月間)
基本機能
(色・明るさ等の調整)
標準機能標準機能標準機能
AI機能標準機能標準機能標準機能
拡張機能オプション機能標準機能標準機能
本体価格15,120円8,820円/最初の年
更新12,800円/年
1,980円/月
拡張機能価格29,400円
Luminar NEOの買い切り型とサブスク型の比較

買い切り型とサブスク型の違いは拡張機能がオプションか標準搭載かの点です。

Luminar NEOの買い切りとサブスクの違い
  • 買い切り:拡張機能がオプション
  • サブスク:拡張機能が標準搭載

Luminar NEOの拡張機能は、まだすべて実装されておらず今後、順次追加されていく機能となります。

Luminar Neo 拡張機能

現時点で分かっている拡張機能の情報をまとめると以下となります。

  • HDRマージ:実装済み
  • ノイズレス:実装済み
  • さらに5つの拡張機能:2022年後半に実装予定

HDRマージは明るい写真と暗い写真を合体してちょうどよい明るさの写真にする機能です。

拡張機能は複雑な編集で使用する人向けの機能なので、色や明るさの調整がメインの方には不要な機能となります。

そのため、基本的な色や明るさの調整程度で十分な人には買い切り型のLuminar NEOがおすすめです。
※拡張機能は追加で実装可能です。

Luminar NEOの1番お得な購入方法

貯金する男

Luminar NEOの一番お得な購入方法を紹介します。

お得な購入方法

・1,000円OFFプロモーションコード:photomap
・セール期間の割引:Luminar NEOのページにてご確認ください
・生涯(永続)ライセンスのコストパフォーマンスが高い
※30日間の返金保証あり

当サイトオリジナルのプロモーションコードを発行してもらいました。

購入金額が1,000円割引されお得に購入できるので是非ご利用ください。

またセール期間の割引も組み合わせると、さらにお得になるので購入タイミングが重要です!

さらにLuminar NEOは30日間の返金保証があります。
実際に使用して使用感を確かめられる嬉しいサービスです。

らっかす

Luminar NEOのAI機能は便利なので買って損はしません!

1,000円OFFコード:photomap

コメント

コメントする

目次