初心者におすすめのRAW現像ソフトを徹底比較【Luminar NEO】【Lightroom】

Luminar NEO vs Lightroom
ぎもんわん

初めての現像ソフトってどれがいいの?

そんな疑問を解決します。

この記事がおすすめな人

・初めてのRAW現像ソフト選びに迷っている人
・Luminar NEOとLightroomの違いを知りたい人

初めまして、らっかすと申します。
私はサラリーマンをしながら週末に風景や料理の写真を撮影しています。

写真の現像は5年ほど前からやっています。
初めて現像ソフトで写真の色を整えた際は見違えるほど写真のクオリティが上がることに感動しました。

私もそうでしたが現像ソフトは色々な種類があるのでどれがいいのか迷いますよね?

そこで今回は私が実際に使ったことのある、おすすめのRAW現像ソフトのLuminar NEOとLightroomを比較して紹介します。

結論

初めてのの現像ソフトはLuminar NEOがおすすめ

先に結論を言うと「初めての現像ソフトはLuminar NEOがおすすめ」です。

それぞれの現像ソフトのメリット・デメリットまで詳しく解説し、なぜLuminar NEOがおすすめなのか理由を詳しく紹介します。

らっかす

表を使って分かりやすく解説しますね!

目次

Luminar NEOとLightroomの比較

比較

私が使っている現像ソフトはLuminar NEOとLightroomです。

初めはLightroomを使っていましたが最近Luminar NEOのAI機能に惹かれ購入し2つの現像ソフトを使っています。

現像ソフトLuminar NEOLightroom
操作性シンプルシンプル
機能かなり充実充実
解説少ない多い
購入方法買い切りサブスク
価格9,580円1,078円/月
Luminar NEOとLightroomの比較

Luminar NEOとLightroomの違いは表のようになります。

それぞれのソフトの特徴を詳しく解説していきます。

Luminar NEOのメリットとデメリット

メリットとデメリット

それでは早速Luminar NEOのメリットとデメリットを詳しく紹介していきます。

Luminar NEOのメリット

メリット

・AI機能など初心者でも便利な機能が豊富
・買い切り型の永久ライセンス

Luminar NEOのメリットは初心者でも簡単にほこりや電線を自動で消去できるなどのAI機能が豊富な点です。

初心者が写真の色調補正以外にほこりや電線を消すような加工はハードルが高いです。

しかしLuminar NEOはクリックするだけで簡単に写真の加工ができ初心者に特におすすめです。

詳しくはLuminar NEOの特徴的な機能をまとめた記事をご覧ください!

Luminar NEOの新機能まとめ

また、Luminar NEOは買い切り型の永久ライセンスです。

定価でもLightroom1年分の費用なので2年、3年と長期的な目線で見ると非常にお得です。

Luminar NEOはセールで割引されているときの購入が一番お得ですよ!

Luminar NEOの割引情報はこちらの記事でまとめています。

Luminar NEOの割引情報

Luminar NEOのデメリット

デメリット

・機能の解説が少ない

Luminar NEOのデメリットは機能に関する解説が少ない点です。

Luminar NEOは発売されて間もないこともあり解説が少ないです。

しかし基本的にシンプルで分かりやすい機能が多いので困ることは少ないと思います。

また、24時間年中無休のテクニカルサポートがあるので安心です。

Lightroomのメリットとデメリット

考える女性

Lightroomのメリットとデメリットを詳しく紹介していきます。

Lightroomのメリット

メリット

・解説が多く調べると解決方法が出やすい
・プリセットが多く公開されている

Lightroomのメリットは利用者数が多く解説が多い点です。

使い方が分からなくても調べると解決できることが多いです。

また、プリセットが多く公開されているため、気に入った雰囲気の現像をしている人の設定値を参考にすることができます。

Lightroomのデメリット

デメリット

・費用が月額制のため長年使うほど費用がかかる

Lightroomは月額制のため長期間使うほど費用がかかります。

カメラを買い始めた頃はカメラやレンズ台で費用がかかり少しでもその他の費用は抑えたいと思います。

Lightroomは基本的な機能が揃っていて便利なソフトですが長期的な目線で考えた時の費用は高価となります。

結論 初めての現像ソフトはLuminar NEOがおすすめ

気づく女性

結論として初めての現像ソフトはLuminar NEOがおすすめです。

理由としては「機能面」と「価格面」です。

特に価格面は長期的に考えると下記のようにLuminar NEOとLightroomは費用に差が出ます。
※Luminar NEOは買い切り、Lightroomは月額制になります。

製品Luminar NEOAdobe Lightroom累積差額
1年目11,800円12,936円-1,136円
2年目0円12,936円-14,072円
3年目0円12,936円-27,008円
4年目0円12,936円-39,944円
5年目0円12,936円-52,880円
Luminar NEOとLightroomの費用の比較

実際の数値で比較するとLuminar NEOとLightroomでは5年間に52,880円も費用に差が出ます。

55,100円あれば新しいレンズの購入も検討できますね。

そのため初めての現像ソフトはLuminar NEOを購入して浮いた費用でレンズやアクセサリーの購入を検討するのがコストパフォーマンスが1番良い選択です。

まとめ

まとめ

今回は初心者におすすめのRAW現像ソフトを徹底比較しました。

結論

初めての現像ソフトはLuminar NEOがおすすめ

結論としては機能面と価格面よりLuminar NEOがおすすめです。

色調補正の基本的な機能は網羅しておりAI機能で初心者でも簡単に高度な加工をすることができます。

また、1万円以下で買い切り型のソフトなので費用面も良心的です。

初めての現像ソフト選びに迷っている人はLuminar NEOを選べば後悔しませんよ!

Luminar NEO公式サイト

コメント

コメントする

目次